Top > PukiWiki > Plugin > tirenavi.inc.php

tirenavi.inc.php

修正 @ Jul 17, 2010 04:33:25

Tag: PukiWiki

サマリ同階層の前後ページへのリンクを自動的に表示
リビジョン0.7
対応バージョン1.4.7
ライセンスGPL v2
投稿日2010-07-17 (土) 23:33:25

概要

記述したページと同階層の前後ページへのリンクを自動的に表示します。スキンに記述しておくと、全てのページで前後ページへのリンクを表示できます。

navi プラグイン との違い
目次ページを指定する必要はありません。
表示
Prev : 前ページ
Next : 次ページ
Up : 一つ上の階層

ダウンロード

書式

#tirenavi([階層])
  • 階層 : 0以上の整数。ここで指定した階層以下のページでリンクを表示します。

設定

以下任意ですので、何も設定しなくても動作します。

プラグインの設定

下記定数を適宜変更して下さい。

定数内容デフォルト値
TIRENAVI_NONLIST_REGEX除外リスト(リンクに含めないページ)を正規表現で指定
TIRENAVI_NONLIST_PAGE除外リストを記述するページ名:config/plugin/tirenavi
TIRENAVI_NONLIST_CACHE除外リストを保存するキャッシュファイル名tirenavi.dat
TIRENAVI_SHOW_PAGENAMEリンクにページ名を表示するかどうかTRUE

リンクに含めないページの設定

以下の2つの方法があります。

  1. TIRENAVI_NONLIST_REGEX に正規表現で指定して下さい。
  2. TIRENAVI_NONLIST_PAGE で指定したページ(デフォルトでは :config/plugin/tirenavi)を作成し、リンクしたくないページをリスト形式で記述します。階層構造のページの場合、記述したページ以下の階層はリンクされません。

使い方

ページ内に記述する場合

表示したいページに書式通り記述します。

スキンに記述する場合

リンクを表示したい位置に、下記のように記述します。

<?php if (exist_plugin_convert('tirenavi')) {
echo do_plugin_convert('tirenavi');
} ?>

階層を指定する場合は、下記「階層」の部分に数値を入れます。

<?php if (exist_plugin_convert('tirenavi')) {
echo do_plugin_convert('tirenavi', 階層);
} ?>
例1 -- 階層を 1 にした場合
0-1/1-1
0-1/1-2
0-1/1-2/2-1
0-2
というページがあるとき、
ページ 0-1、0-2 ではリンクは表示されず、
ページ 1-1、1-2、2-1 ではリンクが表示されます。
例2
このサイトで使用しています。階層は1にしています。

履歴

  • 2010/07/17 ver.0.7
    • TIRENAVI_NONLIST_PAGE で指定したページに記述が無い場合にエラーとなる不具合修正。
  • 2010/06/25 ver.0.6 (filetirenavi06.inc.php.tgz)
    • ページのリンク順を 'ls2プラグイン' と同じになるように変更。('naviプラグイン' と同じ順番にしたい場合は、下記 ver.0.5 を使って下さい)
  • 2008/03/20 ver.0.5 (filetirenavi05.inc.php)
    • PukiWiki1.4.6で除外リストが機能しない、またはエラーとなる不具合修正。
  • 2008/03/19 ver.0.4 (filetirenavi04.inc.php)
    • 除外リストのページ・キャッシュファイル共に無い場合に、ナビが表示されない不具合の修正。
  • 2008/03/16 ver.0.3
    • リンクしないページを指定できるように変更。
    • リンク表示にページ名を表示するかどうかの設定を追加。
  • 2006/01/04 ver.0.2 (filetirenavi02.inc.php)
    • 前後のページが日本語ページの場合、環境によってはページ名が表示されないことがある不具合を修正。
  • 2005/12/16 ver.0.1
    • 公開