Jul 03, 2011

Palm Pre をwebOS2.1.0に

ポスト @ 3:19:13 | Palm Pre,webOS

O2 Pre を webOS1.4.5 から webOS2.1.0 にバージョンアップしてみました。

ご存知の通りOTAではアップデート出来ないので、WebOS Internals の WebOS 2 Upgrade のページの手順でやってみました。サポート外なのであくまで自己責任ですが、ちゃんと読んで、その通りにやれば問題なく出来ます。最悪、失敗したとしても1.4.5に戻せば今まで通り使えるので、あまり怖がる必要もないかと。

手順

手順を簡単に書くと、以下のようになります。

  1. Pre のデータをPCなど外部にバックアップする。

  2. MetaDoctor を使える環境を準備する。

  3. PalmProfile のバックアップデータを削除する。・・・これ重要!!

  4. MetaDoctor のスクリプトを実行する。O2 Pre の場合は次のコマンド。

    ./scripts/meta-o2-pre-2.1.0

  5. 作成された webOS Doctor を実行して、Pre のOSを書換える。

以上。

注意点

  1. webOS Doctor が終了して Pre が起動したら、まず最初にWiFiの設定をして、ランチャーから「Gesture Tutorial」を起動して初期設定を行います。ここで、PalmProfile が「Dr. Skipped Firstuse」になっていたら失敗です。通常使用には差支え有りませんが、PalmProfile へのバックアップが出来ない状態になってしまいますので、やり直した方が吉。MetaDoctor 使って 1.4.5 に戻して、PalmProfile のデータをちゃんと消してから、再度 2.1.0 に書換えました。(体験済)

  2. もしアクティベーションを回避出来なかった場合は、ポケゲさんのこちらのページの方法で回避できるようです。

  3. 上記3の MetaDoctor を実行する前に、Makefile の 152~169行のオプションを適宜設定します。自分は以下のものをコメントアウトしておきました。

BYPASS_ACTIVATION     = 1
BYPASS_FIRST_USE_APP  = 1
ENABLE_DEVELOPER_MODE = 1
AUTO_INSTALL_PREWARE  = 1
INSTALL_SSH_AUTH_KEYS = 1
VAR_PARTITION_SIZE    = 2GB

ここで、INSTALL_SSH_AUTH_KEYS を設定した場合は、~/.ssh に authorized_keys(公開鍵)を置いておきます。

webOS2.1.0 にしてみて

動作が重くなるのかと思っていましたが、むしろ動きがスムーズになったような気がします。Flashも普通に見られるし、アップデートして損は無いと思います。

また、MetaDoctor が進化したのか、webOS Doctor 自体が進化したのか分かりませんが、PreをPCにUSBで接続した時に簡単に認識してくれるようになりました。電源を入れっ放しで繋いでもちゃんと認識してくれましたし。これだけでもかなり作業が楽になりました。

Trackback

No Trackbacks

Track from Your Website

http://palm.jove21.com/trackback/tb.php?id=416
(言及リンクのないトラックバックは無視されます)

Comment

No Comments

Post Your Comment


(Smile) (Wink) (Laugh) (Foot in mouth) (Frown) (Gasp) (Cool) (Tongue)

*は入力必須です。E-Mailは公開されません。